ロゴ

wechat pay決算を導入する前に注意点チェックしよう

オフィス

インバウンド事業は拡大しつつある

海外からの旅行者の増加に伴ってインバウンド事業は拡大しつつあります。観光産業や飲食店産業だけでなく、商品販売についてもインバウンドに着目することで事業拡大に成功している例も多くなりました。特にアジア地域からの日本の産業への注目度は高く、通信販売による利益を上げている企業も散見されるようになってきています。今後の企業にとってインバウンド事業を展開することを視野に入れるのが重要課題となっているのが現状です。また、よりコストを抑えつつ業務の効率化を図りたいのであれば営業支援システムの導入を検討してみると良いでしょう。営業支援システムと言っても様々な機能が存在するためどれが良いなどは一概には言えませんが、業務の効率化を図りつつコスト削減も適います。営業支援システムの導入により業務時間の短縮を図ることもできれば残業をする人も減らすことができ、人件費の削減にも繋がっていくでしょう。

男の人と女の人

wechat pay決済を導入するメリット

インバウンド事業を展開する上で重要な役割を果たすようになっているのがwechat pay決済の導入です。アジア地域の中でも圧倒的な人口を誇る中国の人たちが観光やショッピングの目的で日本を訪れる機会が増え、オンラインショッピングでも多数の人が購入するようになっています。中国ではクレジットカードよりもよく用いられている決済方法の一つがwechat payであり、日本国内での対応店も着実に増えてきました。中国人による購入を促す上では対応が必須になってきています。

女の人

電話代行サービスで海外からの問い合わせにも対応できる

wechat payを利用する上で問題になりやすいのが中国語への対応です。wechat pay決済に対応することによって中国を中心とした海外からの問い合わせが増える可能性が高まります。突然の問い合わせに適切な対応を取れるのかと不安になりがちですが、電話代行サービスを利用すれば対策可能です。海外からの電話のみを対応してもらえる代行サービスもあるため、国内からの問い合わせと窓口を分けて柔軟に対応できる体制を整えられます。

wechat payとクレジットカード決済の違い

wechat payはデビットか電子マネー

現金なしで決済ができる点でクレジットカードとwechat payは似ています。しかし、クレジットカードは信用に基づく後払いであるのに対して、wechat payはデビットか電子マネーによる支払いになっているのが違いです。

即時決済だから未払いトラブルはなし

wechat payはクレジットカードのように後払いではなく、その場で決済が実行されます。そのため、クレジットカード会社との間で未払いによるトラブルが発生するリスクがなく、残高がなければ買えないという形で対応できるのが特徴です。

wechat pay代理店を利用すれば簡単に始められる

wechat payを導入するのに不安があったり端末を用意する手間があったりするのは確かです。気軽に導入するのに適しているのが代理店を利用する方法であり、契約をすればwechat payの導入を総合的にサポートしてくれます。トラブル時に問い合わせ先にもなる点で安心です。

きめ細かなサポートがある代理店を選ぼう

wechat payの代理店を選ぶときには業態に応じて適切なサービスがある代理店を探すのが大切です。ウェブマーケティングを主力にするならSEO対策や広告作成を代行してくれると効果的に販促を行うことができます。

[PR]
ウェブ接客ツールを提供中♪
通販サイトの売り上げが向上させよう♪